2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 2021年1月 5日 (火) | トップページ | 2021年1月13日 (水) »

2021年1月 9日 (土)

2021年1月 9日 (土)

915.首都圏の1都3県に緊急事態宣言を発出

とうとう1/8(金)より、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県の1都3県に緊急事態宣言が発出されました。期間は2/7(日)までとなっています。

連日、東京都の感染者数に注目をしていますが、大晦日に1,000人超え(1,337人)をしたときには、とうとう大台を超えてしまったのかと驚いたのですが、それは序の口に過ぎず、1/7(木)には2,447人と、突き抜けてしまった感があります。まさに感染爆発であります。

年末年始の人出が減っていないので、この結果の全容が表れるのが1/12頃であり、どこまで突き上げるのか心配して見守っております。

1都3県に限らず、北関東3県や宮城、愛知や京阪神、岡山・広島、福岡さらには熊本・宮崎などと全国に蔓延しているため、緊急事態宣言が全国へ拡大されて発出されてしまう可能性も出てきました。私の住む静岡県でも昨日の感染者数は、過去最高(92人)でした。

このような事態は、日本国民にとって由々しき問題なのですが、私・稲生にとっても大変困った問題となっているのです。

趣味の郵便局めぐりが実施できるか否かの大問題であります。

前の記事で示したように、1月から3月の冬場に大分・熊本・宮崎への遠征を考えており、すでに1/26から28にて大分遠征の手配を済ませております。まずは、これの実施の可否を考えていかなくてはなりません。

静岡県・大分県を含む地域への緊急事態宣言が出されてしまえば、これは見送りとなります。もう、仕方のないことです。

両県に緊急事態宣言が出されていない場合でも、今後の感染者数の推移を見守っていかなければなりません。拡大基調であれば見送りです。あるいは延期という選択もあります。

年末年始の行動結果が感染者数に表れるのが1/12頃までの数字です。その後、1都3県への緊急事態宣言が発出されたことで、静岡県・大分県を含めた地方の者は、自重することでしょう。地方の住民は皆真面目で勤勉ですから、決して南関東での出来事とは思わないものです。一部の東京モンのようなバカ者とは違うのです。

この効果が表れて、地方の感染者数が収束に向かい始めるのが1/16以降、遅くとも1/20頃からと見ています。そうした場合は、私の大分遠征は予定通り実施できることになります。

まずは、1/20頃まで様子見をすることにいたします。今後のことは、それからです。

« 2021年1月 5日 (火) | トップページ | 2021年1月13日 (水) »