2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2021年1月31日 (日) | トップページ | 2021年2月 5日 (金) »

2021年2月 3日 (水)

2021年2月 3日 (水)

922.遠州簡易郵便局めぐり Aコース 前半

ということで、遠州簡易郵便局めぐりのうちのAコースを1/26(火)に実施しましたので、その事をご報告してみたいと思います。

訪問した簡易郵便局は、たったの8局でした。1局あたりにたっぷり時間をかけて、思い出話をしながらメグっていきました。

加えて、天浜線の常葉大学前駅及び岡地駅の撮影および、すでに廃止されてしまった知波田簡易郵便局の跡地も撮影してきました。

1局目は、自宅から3㌔ほど西にある浜北内野簡易郵便局です。①S55.4.28に累計120局目として訪問しており、②H12.6.7には再訪をしております。①及び②の当時の受託者は男の方だったと記憶しておりましたが、今は女性の受託者さんでした。

この局には10分ぐらい滞在していますが、あまり話がかみ合わなかったように感じており、今後ははがきや切手をこの簡易局で購入したりして、もう少し仲良しになる必要があるのかもしれません。

2局目は、浜松医大病院内簡易郵便局です。①、②ともに1局目と同じ日の訪問です。①では累計119局目であり、こちらの方を先に訪問しておりました。

Photo_20210202144401 ここは、私の病気を治してくれた病院でして、通院歴・入院歴ともに大変長く、いわば私のホームグラウンドのような場所です。簡易郵便局ですが、アットホームな感じはなく、今回も淡々と貯金を済ましてきました。

3局目は、細江湖東簡易郵便局です。②H12.6.7に訪問しておりますが、その2年後に移転して大きく立派な局舎に立て替えたようでして、県内では唯一ATMが設置されている簡易郵便局です。

次に天浜線の常葉大学前駅(H25.3.1浜松大学前駅から改称)、および岡地駅(H27.3.14気賀高校前駅から改称)の写真撮影後、コンビニに立ち寄り休憩をしたのち北区引佐町の山奥の川名簡易郵便局を目指しました。

川名簡易郵便局は旧川名小学校の教室を利用しておりまして、③JA委託で貯金非扱いだったのを郵便業務のみでH25.3.12に移転再開したのちH26.9.24に貯金開始した簡易郵便局です。

③では、初日訪問しており、一応私が貯金取り扱い第一号の客でありました。累計としては12929局目であり、すっかりベテラン局メグ家となってからです。また、3年後のH29.7.12に再訪もしております。この時は、井伊家の隠し里を訪ねていった際に訪問しました。(井伊の隠し里ネタは こちら

教室の1つを使用しているのですが、今回再々訪してみると間仕切りを施してあり改良が加えられておりました。ここでは、初訪問時から用意されていた「川名小学校内 川名簡易郵便局」というゴム印の他に、「ひよんどりの舞 川名簡易郵便局」「井伊直平(※)の郷 川名簡易郵便局」の二つのお宝ゴム印が追加されて用意されていました。

※井伊直平は、直虎・直親の祖父であり、彼が治める川名の地の一部が「井伊家の隠れ里」なのですが、ドラマでは、そこから9㌔ほど奥に進んだ久留女木の棚田が使用されていました。

思いのほか、長くなってしまいましたので、後半に続けることにいたします。中1日でアップする予定です。

※写真は、細江湖東簡易郵便局。本文に記したとおりATM設置局(平日17:30まで、土曜12:30まで)であり、駐車場も8台が置けるようになっており、平均的な直営局よりも大きく立派で局内も小綺麗な簡易郵便局です。

« 2021年1月31日 (日) | トップページ | 2021年2月 5日 (金) »