2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 946.宮崎遠征のご報告-その1- | トップページ | 948.浜松・延岡間、往復所要時間の違いについて-前編- »

2021年4月28日 (水)

947.宮崎遠征のご報告-その2-

前の記事の続きです。

冒頭で言うべきでしたが、今回の宮崎遠征における天気は、先行前泊の日も含めて快晴でした。新緑の爽やかな気候の中での軽やかな局メグのはず、だったのです。

3局目の松尾局を11:15過ぎに出発して、4㌔ほど走ったころでしょうか、タイヤの異音に気づき、もう少し走った先の道路が新道と旧道に分岐している場所で止まってみると、右側前輪のタイヤのパンクを確認したのでした。(11:25頃)

まずは、車を借りたニッポンレンタカー延岡駅前営業所に電話後、その指示に従い事故専用ダイヤルに電話を掛けなおし詳細を話しました。

Photo_20210427224301 すぐにレッカー車を手配してくれるも、延岡から約70㌔・1時間半はかかる場所で、ここはひたすら待つのみ。寒くもなく暑くもない、新緑の爽やかな時期だったのが、不幸中の幸いでした。

結局、レッカー車が到着したのが13:45で、8㌔先の諸塚村のガソリンスタンドまで運んでもらい、タイヤ交換の作業が終わったのが14:45頃でした。

レッカー車が到着するまでの2時間が長かったのですが、その後はかなりスムーズに事が進み、タイヤ代金と作業工賃の6,500円が実費となりましたが、レッカー車代金等は保険で賄えておりました。

すぐにやる気モードに突入して、七ツ山局(15:05頃)・諸塚局(15:30頃)・山三箇局(15:50頃)と3局を拾い、二日目を6局としました。予定では、この後、西郷・北郷・門川および日向市街地の残り4局を廻るようにしていましたが、これらの12局は次回の訪問時までのお預けとなりました。

最終日は、宮崎県唯一の離島局である島野浦島に渡り1局を済ましたあと、延岡市北浦・北川・延岡北部・延岡中部を15:10頃まで廻りました。計21局でした。15:10打ち切りなのは、レンタカーの給油と返却をして延岡駅15:47発の特急にちりんに乗車しないと、この日のうちに自宅に着けないからです。

結局、初日に24局、二日目に6局、最終日に21局の計51局を増加させ、これまでの宮崎県の累計90局を1.57倍とする141局としました。宮崎県の残りは159局であります。(稲生調べ)

※写真は、島野浦島行きの高速艇「にっぽう2」浦城港にて。

« 946.宮崎遠征のご報告-その1- | トップページ | 948.浜松・延岡間、往復所要時間の違いについて-前編- »

郵便局めぐり・西日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 946.宮崎遠征のご報告-その1- | トップページ | 948.浜松・延岡間、往復所要時間の違いについて-前編- »