2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2021年3月 2日 (火)

931.映画『二十二才の別れ』

続いて観たのが、映画『二十二才の別れ』です。副題は「Lycoris 葉見ず花見ず物語」

大林宣彦監督による大分三部作の第二弾として、伊勢正三作詞・作曲による「二十二才の別れ」の大ヒット曲を映画化したものです。2002年の映画『なごり雪』の公開から5年後、曲のヒットした1975年からは実に32年後の劇場公開でありました。

Photo_20210301115901 主役に浜松市出身の筧利夫が務め、劇中のナレーションも行っております。ヒロインは中村美鈴・鈴木聖菜と無名の女優(ほぼ新人)ながら、好演しておりました。脇を清水美砂・長門裕之・峰岸徹・村田雄浩らが固めていました。三浦友和も出てましたし、お笑い芸人・ヒロシも比較的に尺も長く出演しておりました。

主人公の川野俊郎は、福岡に住むエリート独身サラリーマン。出世のため、上海行きを承諾するかどうか迷っていた頃、コンビニで「二十二才の別れ」をくちずさんでいた少女・花鈴と出会う。その少女こそ、かって二十二才の誕生日に別れた彼女の実の娘であった。(映画の世界ならではの偶然性)

故郷の津久見と進学先の東京で同郷の葉子とぎこちない付き合いをしていて、葉子は殺伐たる東京に見切りをつけ、故郷に帰り結婚して生まれたのが花鈴であった。葉子は花鈴を生んですぐに死んでしまう。(ここで、この映画のモチーフである「葉見ず花見ずの物語」が成立)

家を飛び出してきた花鈴にも、同郷の同級生・浩之がいて、彼らも二十二年前の俊郎と葉子と同様に人生に行き詰っていた。そして、自殺しようとアパートを飛び出した浩之を、花鈴に追いかけろと告げる俊郎。二十二年前に葉子を追いかけなくて後悔していたのは俊郎自身であったのだ。

最後は、ハッピーエンドとなるのでご安心ください。

劇中はずっと正やんの歌う二十二歳の別れの曲が流れ、後半には津久見・臼杵あたりのプロモーション紹介のようになっておりました。

この映画は、二年ほど前と今回の二度にわたり鑑賞したのですが、大分遠征に帰って来てからの方が、内容の理解度が良かったです。

さて、大分三部作の第三弾は存在しません。大林監督は昨年82歳で没してますので、永遠に「なごり雪」「二十二才の別れ」の二作品のみであります。

ですが、ファンの中では伊勢正三の楽曲の中から、どれが第三作目に相応しいか憶測が進んでいました。候補作としては「置手紙」「君と歩いた青春」「海岸通」などでした。

2021年2月27日 (土)

930.映画『なごり雪』

♪鳥が鳴いて 川が流れて、野山は今 花が咲き乱れ、汽車は行くよ 煙はいて、トンネル越えれば 竹中だ♪

これは、南こうせつの作詞・作曲による「ひとりきり」の冒頭の一節ですが、最後の竹中が南こうせつの生まれ育った故郷の地名だったことは、知りませんでした。

確かに豊肥本線竹中駅は、トンネルを越えた先にありました。そして竹中地区は、大分市郊外にありながら住宅化の波にも外れて、南こうせつの育った当時のままのような、静かな農村でありました。

Photo_20210226125901 さて、本題に入ります。

伊勢正三の作詞・作曲による「なごり雪」は、イルカによるカバーバージョンがスマッシュヒットを呼び、早春の恋歌として広く知られるようになりました。1976年頃といえば、私が大学生だったころです。

それから20数年を経た2002.4月に、その楽曲を基にした映画『なごり雪』が三浦友和主演により放映されました。副題は「或いは五十歳の悲歌」

大林宣彦監督による大分三部作の第一弾として、伊勢正三の故郷・津久見近くの臼杵市を中心としてロケが行われたようです。

三浦友和演じる梶村祐作は、かっての親友・水田(演:ベンガル)の妻が交通事故で瀕死の重体となっているとの連絡を受け、故郷臼杵に向かう。水田の妻となった雪子(演:須藤温子)は、高校時代に祐作を一途に想い続けていた。それを受け止めきれずに東京に進学した祐作とは、紆余曲折を経て、雪子の片思いは叶わなかったのだった。

簡単なあらすじとしては、そんなところです。劇中では、‘なごり雪’の歌詞がセリフとして取り入れられており、これは斬新ではありましたが、ちょっと強引すぎた気がしました。

私は、今回の大分遠征から帰ってきてからユーチューブにて観賞しましたが、大分遠征の前に観ておかなかったのを、多少なりとも後悔したのでした。

津久見駅には、‘なごり雪’の歌碑があったようで、また宇目局近くの重岡駅が仮想・臼杵駅として、劇中何度も撮影されていたのです。それらのロケ地だけでも訪問しておかなかったことは残念でした。

しかしながら、まだ臼杵市街地は未訪として温存してあり、ロケ地訪問の楽しみは残っています。

追記:デビュー間もない長澤まさみ(磐田市出身)が、水田・雪子の一人娘役で出演していました。

2021年2月12日 (金)

925.大河ドラマ『麒麟がくる』

去る2/7(日)をもって、NHKの2020年・大河ドラマ『麒麟がくる』が終了しました。コロナ禍の影響を受けて途中の約2ケ月間の休止もあり、年跨ぎのロングランとなりました。

戦国時代最大の番狂わせである本能寺の変を実行した首謀者として、一般的には悪者として認知されている明智光秀を主人公とするドラマでしたので、戦国の歴史を大まかにたどっていく過程においては、信長・秀吉・家康の周辺人物に過ぎない亜流の人物でありますが、このドラマを最初から熱心に観た後の感想としては、主君・織田信長を討つに至った必然を、光秀側からわかりやすく描いた好作品でありました。

Photo_20210210095301 タイトルの『麒麟がくる』からして、戦国の平定を成し遂げるべく奔走した人物を描いていく過程の物語であり、光秀にとっての麒麟は信長とばかりに主君に仕え、信長にしても光秀を重用し、天下統一を目指していたのですが、主君信長の急進的な行動・言動に数々の疑念を抱いた末の謀反であったのでした。

クライマックスの本能寺の変の描かれ方では、光秀は軍の先頭にたたず、事を見守っているだけで、淡々としたものでありました。そしてその後の敗戦に至る所は、ナレーションのみ(いわゆるナレ死)でありました。このあたりは、我々古手の視聴者には物足りなく感じたところでありました。三日天下に終わったところも、掘り下げてもらいたかったとも思いました。

ともかく、少し前の大河ドラマ『軍師勘兵衛』や『真田丸』などと同様で、別角度からの戦国時代を見させていただきました。

続いての大河ドラマは『青天を衝け』というタイトルで、日本の近代資本主義の父・渋沢栄一が描かれることになります。戦国時代に次いで人気の幕末から明治のお話しであります。

『麒麟がくる』の余韻に浸る間もなく、2/14からスタートしますので、これも毎回楽しみに観賞していくことにしたいと思います。

2020年7月30日 (木)

867.日曜劇場『半沢直樹』(続編)がスタート

平成の民放ドラマ史上第一位の視聴率42.2%(最終回)を稼いだ『半沢直樹』が、7年の時を経て帰ってきました。

今年4月からのスタートの予定が、新型コロナの影響により3ケ月以上スタートが遅れ、7/19からの放送開始となりましたが、初回第一話22.0%、第二話22.1%と、予想通りの視聴率をとり、好調発進をしております。

本ブログでは、前作の『半沢直樹』については NO.196 にて、その原作『オレバブ』と『花バブ』については NO.204 にて触れております。

Photo_20200727140701 その続きとなる今回のドラマの原作は『ロスジェネの逆襲』及び『銀翼のイカロス』であります。

先の『半沢直樹』ドラマにハマってしまって以降、池井戸ファンになっており、当然のことながら『・・・逆襲』『・・・イカロス』は、『オレバブ』『花バブ』に続けて一挙に読了しているどころか、『下町ロケット』シリーズや『ルーズヴェルト・ゲーム』『七つの会議』なども読了しております。

今回のドラマを観るにあたって、『・・・逆襲』『・・・イカロス』を敢えて再読することはやめておきました。

それは、この両作品には登場しない香川照之演ずる大和田暁が、今回の続編にも登場しているため、原作からの改変が行われているであろうことが想像できるからです。

すでに第二話では、「お・し・ま・い DEATH!!」などという、流行語大賞候補となりうる新語が大和田の口から飛び出しており、大和田と半沢との攻めぎあいが、どのように進んでいくのか目を離せない状況になってきました。

物語の大きな流れは原作に沿っていくことでしょうが、視聴者が求める「勧善懲悪」に向けて、どのような刺激あるぶつかり合いが繰り広げられていくのか、期待は高まるばかりです。

こうして、毎週日曜の夜の楽しみが続いてゆくのです。

2020年2月 5日 (水)

816.大河ドラマ『麒麟がくる』と日曜劇場『テセウスの船』

ともに1/19から始まった二つのドラマに嵌っています。

日曜夜8時からの大河ドラマ『麒麟がくる』と、夜9時からの日曜劇場『テセウスの船』であります。

今年の大河ドラマ『麒麟がくる』は、大河ドラマファンが大好きな戦国時代を題材にしており、信長・秀吉・家康と3英雄が脇役として揃い踏みしていきます。

主役が、歴史に埋もれた人・明智光秀という事も、興味をひく理由であります。何年か前の『軍師官兵衛』と同様の、歴史上の脇役を大河の主役に仕立てた良作となりそうです。

Photo_20200203163401 今は3話までの放送ですが、ここまでは斎藤道三役の本木雅弘の怪演が際立っております。この先、信長・秀吉・家康と光秀が絡んでいく場面が楽しみであります。今年は一年間、この大河ドラマで楽しめそうであります。

『テセウスの船』の方は、開始前の番宣に引き込まれたために、観ていく事を決断したドラマです。私の好きな日曜劇場枠であるのも、続けて観ようかと決めた理由のひとつでもあります。4月から開始される『半沢直樹』の続編の前振りという意味合いもあるのかもしれません。

原作が青年漫画で、全87話もあり、単行本として9巻まであるようなので、これを読み切る気力はありません。そのかわり、ネット上のネタバレサイトをチェックしております。

それによると、ドラマの結末は、原作漫画の結末と異なっているとのこと。これは、楽しみです。

主演の竹内涼真は、『下町ロケット』『陸王』のころよりも、演技力が数段上達したようです。主役がお似合いです。

という事で、日曜の夜は大変忙しい夜になっているのです。そしてこれは『半沢直樹』の続編が終了するまで続くことでしょう。

2019年9月19日 (木)

775.『引っ越し大名!』

先週木曜は、久しぶりに映画鑑賞をしてきました。星野 源 主演の映画『引っ越し大名!』であります。

あまりパッとしないタイトルですね。おまけに、主演者・星野源の役柄は、“引っ越し大名”ではなく“引っ越し奉行”なのです。

Photo_20190916201701 映画を観た後でしたが、原作も読みました。そのタイトルは『引っ越し大名三千里』です。タイトルとしては、こちらの方が良かったかもしれません。

原作者の土橋章宏氏は、あの『「超高速」参勤交代』の作者でありますので、今回の『引っ越し大名!』も、そっちの路線であります。つまり、これまでになかったユニークな視点での時代劇ということです。

徳川家御家門である越前松平家の松平直矩(劇中:ミッチーこと及川光博)は、生涯7回の国替えをした大名でした。この物語は、その5回目として、姫路藩15万石から豊後日田7万石への、減封の上での国替えをする事となった引っ越し事情を詳しく描いたものであります。

書庫にこもって本を読んでばかりの引きこもり侍・片桐春之介(星野源)が、誰もやりたがらない“引っ越し奉行”に任命されるという、むちゃくちゃな人事から話は始まるのですが、金策やら、荷物減らしやら、人減らしやら、意外なことに書物から得た知恵者ぶりを発揮し、奮闘する物語でした。

この手の痛快時代劇は、肩がこらない映画ですので、私は結構好きです。

2019年7月10日 (水)

755.日曜劇場『集団左遷』

♪♪さあ、頑張ろうぜ!オマエは今日もどこかで不器用に、この日々ときっと戦っていることだろう。♪♪

福山雅治主演の銀行ドラマ『集団左遷』が、6/23をもって、全10話の放送が終了しました。終了してから、しばらくの期日が経過してしまいましたが、その感想などを述べてみたいと思います。

まずは視聴率です。

1話13.8%、2話8.9%、3話10.1%、4話9.2%、5話9.0%、6話9.0%、7話9.4%、8話11.9%、9話10.1%、10話13.1%

Photo_20190708140001 平均視聴率は10.5%と、期待したほどではありませんが、そこそこの及第点だったかと思います。

私を含めた視聴者は、先の『半沢直樹』ばりの勧善懲悪な銀行ドラマを、福山雅治が演ずることを期待して見始めたのですが、初回を見終わると、その話の‘無理スジ’ぶりに、早々にこのドラマを見放したのが6話までだったと思います。そして6話までの蒲田支店編が丸く収まって、7話からの本部編に進むと、横山常務(のちに専務・副社長と出世)の悪役ぶりが際立ち、この不正をただす片岡部付部長の正義感を応援しようと、次はどうするのかと期待値が高まって、最終回の視聴率が初回並みにまで回復したのだと思います。

例によって原作本を読んでから、テレビ視聴に臨むところでしたが、今回は、原作とだいぶかけ離れたオリジナル脚本であったようです。

原作は、江波戸哲夫氏の新装版「銀行支店長」及び「集団左遷」の2作品なのですが、「集団左遷」の方は、不動産業界が舞台となっており、本は購入したものの、読む気にすらなりませんでした。新装版「銀行支店長」の方は、概ね6話までの内容と同じでしたので、これはしっかり読んだ上で面白く視聴することができました。

7話からの本部編は原作とは違う、全くのオリジナルであったのが、かえって視聴率回復に繋がったのかもしれません。原作本を読んでからドラマを視聴するというスタイルは、話が見えすぎて、TVドラマを常に原作と比べてしまうところがあるので、これはやらない方がいいのかもしれないとも思いました。

さて、今週からの日曜劇場は、池井戸作品『ノーサイド・ゲーム』が始まりました。初回は、たまたま他局を見てしまい見逃しましたが、次回からは、見てみようかなと思っております。

2019年6月19日 (水)

749.『長いお別れ』

先週の木曜に、表題の映画『長いお別れ』を観てきました。ユーチューブの閲覧時のCMで、予告CMをやっていて、ちょっと観てみようかなと思ったからです。

ゆっくり記憶を失っていく、痴呆症となった父との、お別れまでの7年間を描いた作品です。

元中学校長で、痴呆症となっていく父親役に山﨑 努、献身的に支えていく妻に松原智恵子、アメリカで家族と暮らす長女役に竹内結子、仕事も恋愛も上手くいかず思い悩む次女役に蒼井 優と、この4人の家族を描く物語です。

痴呆症はだんだんと進行していく、質の悪い病気ですが、これを暗く絶望的に描いていないところが良かったです。この家族には愛がありました。

Photo_33 山﨑 努は、原作を読んだときに、この役は俺が演ずるはずだと予感があったとのこと。その演技は、さすがの紫綬褒章俳優であります。ひとつひとつの演技に、鬼気迫るものがありました。

「このごろいろんな事が遠いんだよ」「そう、くりまるなよ。そういう時はゆーっとするんだ」こんな言葉が、なぜか心に残りました。

松原智恵子は相変わらず、可憐な乙女でした。もし私が痴呆症になったら、妻には松原智恵子のように接してくれとお願いしたら、私は泉ピン子だよと、厳しく言われました(笑)。

映画のディテールは割愛しますが、これからの老後の生活に際して、参考になる映画かもしれません。

最後にひとつ、おそらく私だけが気になったことがありました。主人公・東(ひがし)昇平の大学同期の葬式に列席して、痴呆ぶりを発揮するシーンがあったのですが、その設定が静岡大学柔道部の同期と言っていたのです。別のシーンでは、実家に行くこともあったのですが、小田急に乗っていましたので、おそらく神奈川県内が実家という設定だろうと思います。

神奈川県出身者が静岡大学に入学するのは、そんなに違和感がないのですが、何ゆえに実在する静岡大学としたのか、そこのところが不明でした。中島京子氏の原作本では、東京大学卒の父親がモデルとしているのです。静岡だったら架空の駿河大学とかにしても良かったものを、どうして私の母校の静大なのかな?これがわかる方、いらっしゃいましたら是非教えてください。

2019年3月 5日 (火)

720.『七つの会議』

先月中旬でしたが、エンタメ作家・池井戸潤 原作の映画『七つの会議』を観てきました。

「半沢直樹」以来の池井戸ファンとなっていましたので、池井戸作品が初の映画化となるのを知って、原作を読了してから映画鑑賞に臨みました。

Photo_4 主役の八角民夫に野村萬斎、ストーリーの進行役ともなっている原島万二に及川光博、浜本優衣に朝倉あき、池井戸作品にはおなじみの香川照之、片岡愛之助、北大路欣也、立川談春やベテラン・橋爪功、福澤監督お得意の異業種参入として、お笑い芸人・藤森慎吾などの豪華キャストで挑む企業犯罪エンターテインメントでした。

題名の‘七つの’会議は、7種類の会議という意味ではなく、‘たくさんの’会議という意味ですが、映画化にあたって尺の問題もあり、浜本優衣の不倫話やカスタマー室長・佐野の事件の真相を暴き出す活躍など、端折られてしまった部分も多く見られました。

ただし、福澤監督作品の真骨頂ともいうべき、役者同士の罵り合い、心理描写などは、随所に演出されていました。これらは、「半沢直樹」「下町ロケット」などでお馴染みとなっており、池井戸・福澤チームのファンには、堪らないシーンです。

そしてこれは原作通りなのですが、本当の悪玉が誰であるかが、最後の方まで判らなかった点は、今までの池井戸作品と違って、本作の特徴でもありました。

もう一度、観てみたい映画であります。

2018年11月18日 (日)

690.日曜劇場『下町ロケット』ゴースト編からヤタガラス編へ

日曜劇場『下町ロケット』が、10/14からスタートしました。3年ぶりに帰ってきたのです。

キャッチコピーは

宇宙(そら)から大地へ。佃製作所の新たな戦いの幕が上がる。

原作本は2冊。まずは、『下町ロケット・ゴースト』。これは2週間前に購入し、先日の福岡遠征の往路の新幹線の中で読了しています。

ドラマでは1話から5話までがゴースト編となっており、先週11/11に放映を終えました。

Photo

佃製作所の開発したバルブシステムを帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」に供給して、夢を実現した佃製作所でしたが、帝国重工の社長交代により、開発計画が頓挫することに。

あるヒントからトラクターのトランスミッションへのバルブ提供という形で、日本の農業の未来に貢献していく夢を持ち、将来はトランスミッションメーカーへと夢を広げていく中で、ライバルとの競争・協力者からの裏切りなど幾多の困難にどう挑んでいくか。

ドラマの展開は、3年前の『下町ロケット』同様、ヒールが現れては、これを攻略し、またまた強力なヒールが現れ前を塞ぐ。これを決死の作戦で取り除き、それにより明るい未来が出現するという、日本人の好む「勧善懲悪」ドラマに仕上がっています。

今は、ドラマと同時進行で2冊目の原作本『下町ロケット・ヤタガラス』を読み進めているところです。

という訳で日曜の夜は、大河ドラマ『西郷どん』に続いて日曜劇場『下町ロケット』と、凄く忙しい時間を過ごしております。