2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

趣味

2020年3月11日 (水)

826.山梨三富・埼玉本庄・東京稲城への局メグの前の富士山撮影

3/6の局メグの前に富士山撮影をしてきましたので、それについてお話ししたいと思います。

東北や九州、さらには四国・中国などをまわる時に「どちらから来ましたか?」と聞かれたときには、「富士山の見える静岡県から来ました」と、少々自慢げに、少し大きな声で答えることが多いです。

Photo_20200310205501 たいていの場合、驚いてくれるのですが、あるとき「私も静岡県に住んでいたことがあるのです。」と、予想外の応答がありました。続けて「静岡県のどちらからですか?」となります。「浜松市です」と小声で答えると、「私は三島に住んでいました」となり「スイマセン、嘘をついてました」と私。

実は私の住む浜松市からは、富士山に雪の積もる冬の間のよく晴れた日に見通しの効く場所に限り、九合目より上の部分が見えるだけなのです。富士山からの距離で言えば、東京都内よりも遠いくらいなのです。

それでも、私の富士山・愛は深いものがあり、20年から10年位前には、その姿をしっかり目に焼き付けるべく、足繁く通ったものでした。(少し前に、それを紹介した記事 NO.316 )

さて、前日までの西高東低の強風は、夜のうちに鎮まり、新東名の駿河湾沼津SAでの仮眠休憩から目覚めると、雲一つない富士山日和の朝が明けました。(このSAからは、残念ながら富士山は見えません。)

時間的に早かったので、長泉沼津ICで降りて、早目に富士山の姿を拝むことにしました。その後、山中湖パノラマ台・山中湖畔・忍野・河口湖畔・大石公園と、それぞれ富士山と対峙して廻り、最後に新御坂峠・富士見橋で、名残惜しくも富士山撮影を終えたのです。

ところで、私の一番のお気に入りの場所は、山中湖畔であります。富士山の全貌がわかるばかりか、運が良ければ山中湖面の逆さ富士も拝むことが出来るからなのです。この山中湖越しの富士山の絵は、それはそれは美しいものであります。静岡県民としては、大変悔しいのですが、この場所がベストビューポイントであると認めざるを得ません。

※写真は、私のお気に入りの場所、山中湖畔からの富士山。(山中湖での逆さ富士が写った写真は こちら

※2020.3.6の富士山は こちら

2018年10月19日 (金)

682.‘稲生のつぶやき’が満7周年

こちらのブログ『稲生のつぶやき(ブログ)』が、本日をもって満7周年を迎えました。

54歳で始めた、中年オヤジの勝手気ままな‘つぶやき’も、なんとか途切れることなく7年続きました。つぶやく内容も、微妙に変わって来たかと思いきや、相変わらず趣味の‘郵便局めぐり’が主力となっています。

もう少し、続ける気力がありそうですので、このまま8年目に突入したいと思います。これからも、相変わらずのご贔屓をよろしくお願いいたします。

さて、前回の記事が、尻切れトンボになっていました。ラッシュ時の在来線に乗車して、手持ちのシウマイ弁当はどうなってしまったのか?その顛末を話していきましょう。

Photo 横浜駅17:23発の東海道線熱海行きは、宇都宮あたりの故障とかなんとかの影響で、8分ほど遅れて超満員で到着しました。大船駅を過ぎて奇跡的に座ることができましたが、相変わらずの満員状態です。

藤沢・茅ケ崎・平塚と大きな駅が続き、もしかしたら小田原を過ぎたらガラ空きとなるのでは、との淡い期待は脆くも崩れ、小田原駅もまた18:30発のラッシュ時間でありました。終点熱海から引き続き18:55発の豊橋行きに乗り換えました。ここまではロングシートですので、シウマイ弁当を食べるチャンスはゼロでした。これで、このシウマイ弁当は自宅へお持ち帰りとなってしまうのか?

小田原駅を過ぎたあたりで、手持ちのスマホの乗り換え案内で調べてみると、沼津発のホームライナー浜松5号という便があり、豊橋行き各駅停車では浜松21:31着のところを、このホームライナーでは21:05に着くこともわかり、この特急扱いの列車なら、さすがにロングシートということはないだろうと思い、沼津駅で降車し乗り換えてみました。

私・稲生は鉄ちゃんではないので、この列車の座席整理券をどこで買うのかわからず、ホームの車掌に尋ねたりして、320円を出して無事に列車に乗車でき、クロスシートの座席にてシウマイ弁当を食することができました。苦労して口にすることのできた崎陽軒のシウマイ弁当は、それはうまかったです。ハマスタで野球観戦しながら食べる時のように(笑)。

追記:浜松から遠鉄電車で自宅に着いた直後に、ちょうど息子が帰ってきて、その足で浜松インター駐車場に置きっぱなしのマイカーを回収することもできました。

※写真は、川崎殿町郵便局の訪問記念に購入したポスト型はがきと通帳、番号札レシートNO.1、そして通帳ケースは四国でいただいたお気に入りの四国四県ゆるキャラ勢ぞろい版。

2015年1月14日 (水)

316.今年の富士山

前回の記事の続きです。

1/9(金)の富士山周辺の局メグは、たったの4局でしたので、富士山を反時計周りに廻り、その素晴らしい景色を眺めながらの局メグをしてきました。

冬の時期は、天気が晴れていれば、富士山を眺めるのは、そんなに難しいことではないのですが、天気は気まぐれです。最初晴れていても、途中から曇ってきたり、静岡県内が概ね晴れていても、富士山の周辺だけが終日雲がかかってしまうことも、しばしばあります。

Photo富士山を目当てにする場合、私には出発直前に必ず閲覧するHPがあります。それは、静岡県庁が提供する『ライブカメラ富士山ビュー』です。(リンク先は下に記載、拙HPのリンクのページにも貼ってあります。)

これは、清水港・富士宮・御殿場からの定点観測をしているものですから、現地に行かずして富士山の今を眺めることができる優れもののHPです。ここで、前日までの各所からの眺望を確認し、当日の天気予報を睨んでは、当日の眺望の有無を判断してから、出発することにしています。

1/9の訪問はドンぴしゃり。1/6が雨で、1/7が今一つの眺望だったのが、1/8と1/9(当日)は視界を遮る雲一つないピーカンの空に、はっきりと富士山を拝むことができた一日でした。

拙HP内に“稲生の富士山めぐり”という項目があります。“稲生の郵便局めぐり”と同等の位置づけになっていますが、ここのところ動きがありませんでした。昨年の4.10に訪問した富士山めぐりも、今回の記事に間に合わせるべく、取り急ぎ作成したほどです。

富士山めぐりの目次を見ていくと、かれこれ10年ほど前に、富士山に対して熱心だったころがあったのを思い出しました。今持っているデジカメの方が、精度が良くなっているので、もう一度、私の中に富士山ブームが湧き出せば、たびたびの出動となることでしょう。

さて、今回の訪問を『2015の富士山(その1)』としてHPにアップしました。一度ご覧になってください。

※写真は、手前に芦ノ湖を配し、雪をたくさん冠した見事な富士山。箱根大観山からの1枚。

各リンク先のURL

※『ライブカメラ富士山ビュー』 http://www.pref.shizuoka.jp/~live/index.html

※“稲生の富士山めぐり” http://8.pro.tok2.com/~secondinou/fujisann/mokuji.htm

※『2015の富士山(その1)』 http://8.pro.tok2.com/~secondinou/fujisann/2015fujisann-1/fujisann-1.html

富士山がらみの拙ブログ記事ナンバー(合わせて、ご覧下さい。)

17.私の富士山 http://inou2002.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/15/index.html

153.今日は何の日・・・富士山の日 http://inou2002.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/23/index.html

180.富士山が世界文化遺産に http://inou2002.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/25/index.html

228.山梨・静岡両県の‘落ち穂拾い’と富士山めぐり http://inou2002.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/02/index.html

243.桜と富士山 http://inou2002.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/12/index.html

 

2014年10月19日 (日)

293.‘稲生のつぶやき’が満3周年!

こちらのブログ『稲生のつぶやき(ブログ)』が、本日にて満3周年を迎えました。

いまから3年前の10.19に、自分もブログという形で、日々‘つぶやいてみたい’との欲求が高まり開設したものですが、曲がりなりにも満3年が経過したということです。

‘つぶやきたい’ことは山ほどあるわけで、こんなものは毎日書けるのではないかと、最初は考えていたのですが、なかなかそうはいかないもので、最初の8日間だけは毎日つぶやいたのですが、その後中1日・中2日と間隔を空けるようになり、開設1年半ほどしたころから中3日に落ち着いてきました。

Photo昨年度(13年度)の町内会長任期中は、中4日にペースダウンしたものの、途切れる事なく何とか継続することができ、今年3月末からは中3日に戻して‘つぶやいて’いる次第です。

「継続は力なり」とは、遥か40年前に大学への受験勉強をしていた頃に、座右の銘として心に刻んでいた名言なのですが、その精神は今でも心得ています。それゆえ、今の趣味である‘郵便局めぐり’も続けているのではないかとも言えるかと思います。

そうはいっても、このブログがどこまで継続できるのかは、知る由もありません。不測の事態が起き、明日にでもストップするかもしれません。

今のところ、まだまだ‘つぶやきたい’ことがあり、継続していきたいと思っています。どうか、これからもお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

※写真は、母校浜松西高校の正門前に掲げられた天野浩氏の横断幕。さりげなく愛車HVフィットも写してあります。

2012年11月18日 (日)

128.『稲生ホームページ』が開設10周年

こちらのブログ『稲生のつぶやき(ブログ)』の本家とも言うべき、拙HP『稲生ホームページ』が、去る11.15にて開設10周年を経過いたしました。

2002年の春から夏にかけて、私・稲生の地元を流れる大河・天竜川の起点・釜口水門から終点・河口まで、その上に架かる建造物である橋やダムをめぐる旅をし、自己満足ながら充実した気持ちを、自分の記憶の中だけでなく、よそ様にもお裾分けしたい気持ちが高まり、個人のHPを立ち上げてみたのですが、10年経過して、その内容は予想を超えるほどに変化していってしまいました。

パソコンの技術的な面は、10年前の開設当初とほとんど進化せず、相変わらず拙いのですが、その興味あるものは、地元の川・鉄道、市町村合併、富士山などから、現在はもっぱら郵便局めぐり(局メグ)へと変遷してしまいました。

私・稲生は静岡県浜松市に生まれ育ち、大学も静岡市であり、現在もまた浜松市に住んでおり、“井の中の蛙”を脱却するために、10年前に天竜川を遡ってみました。天竜川を遡れば、八ヶ岳にぶつかるだけですが、その先は分水界を経て日本海側に流れ着く訳で、日本海側にたどり着きたい気持ちがありました。

ここ数年は局メグという手段でもって、北陸や関東や関西へと“井の中の蛙”の解消に努めているのですが、日帰り局メグの限界やお泊り局メグの限界もあり、“井の中”がせいぜい“池の中”ぐらいにしか進歩していないのですが、“池の中”にも興味あるものは、様々なものがあり、なかなか日本全国津々浦々までの旅は出来そうにありません。

そんな訳で、稲生の郵便局めぐりも限界説が流れつつありますが、その際には次なる興味をお披露目して、この『稲生ホームページ』を続けていきたいものと考えています。

なんだか支離滅裂な文章になってしまいましたが、ともかく10年は一つの通過点に過ぎないと思っています。これからもよろしくお願いいたします。

2012年10月21日 (日)

121.ブログ開設1周年

この10.19をもって、こちらのブログ『稲生のつぶやき(ブログ)』が、満1周年を経過しました。

当面の目標が、1年間はブログを発信し続けるということでしたので、まずはホッとしています。

これまでに120の記事の投稿をしてきたのですが、これをカテゴリー別にみてみると、ダントツ1位が‘郵便局めぐり’で59、2位が‘日記・コラム・つぶやき’で30、以下‘遠州ネタ’が11、‘趣味’が7、‘野球ネタ’が6、‘音楽’が5、‘映画・テレビ’が2となっています。

局メグのことを日々考えて生活していますので、‘郵便局めぐり’の1位は当然で、その周辺にある出来事などをつぶやいた‘日記・コラム・つぶやき’も多くなるのは当然です。

‘野球ネタ’や‘音楽’‘映画・テレビ’については、当初思っていたほど多くを書けませんでしたが、贔屓のベイスタがいつもの通り、春先から弱かったことや音楽・映画に思いをはせた時間が少なかったのが原因かもしれません。

さらに投稿間隔が、開設時に考えていたよりも頻度が少なくなってしまったために、メインの局メグの話題を優先的に取り上げてしまった感があります。

その投稿間隔のことですが、開設当初の10.19から10.26までは毎日、10.30から翌年の1.10までは中1日、1.16から2.27までは中2日、そして3.2以降は中3日として今日に至っております。

ブログ開設前や開設当初は、二日に一度くらいは、サクサクと書いていけるのではないかと軽く考えていたのですが、いざ蓋を開けてみると、勝手気ままな文章ながらも記事にして世の中に出すためには、多少の資料調査というか裏付けのための調べをしなければならないですし、何より局メグの準備・本番・反省の方(HPの作成を含む)が忙しいこともあり、現在の中3日の投稿に落ち着いてしまった訳です。

そんな状況の拙ブログですが、しばらくは続けていくつもりですので、ご贔屓のほどよろしくお願いいたします。

2012年8月30日 (木)

108.mixi

私・稲生は、mixiに加入しています。その加入時期は、つい最近の本年2月のことです。

それまで、自分の趣味のHP(稲生ホームページ)を頻繁に更新することで、満足していたところがあったのですが、思うところがあって、遅ればせながらmixiに加入することにしました。

郵便局めぐりを主な趣味としていると、郵便局の改廃情報というものを、なるべくタイムリーに、そして正確に取得したくなります。公式には、郵便局株式会社の開局情報(開局・一時閉鎖等)に依るのですが、これに掲載されずに貯金業務が開始されたり、再開されたりすることも少なからずあり、それを補足する手段として、mixi内の局メグ家のコミュニティか何かがあるのではないだろううかと感じたためです。

数年前から加入していた息子に教わって加入手続きをし、晴れてメンバーとなったのですが、当初から友人登録(マイミクと呼んでいる)がとても少なく、改めてネット上でもつながりをほとんど持っていないことを痛感しました。

それでも、ネット上での同好の氏やHP内でのリンクさせていただいた方々などを頼りに、徐々にマイミクを増やしていき、加入からほぼ半年たった今では、ようやく19人の友人登録をさせていただいています。

mixiに加入して判ったことは、結構‘はまってしまう’ということです。今思うことをつぶやいてみたり、友人の動向を知ってみたりしているのですが、これが楽しい空間で、一日に数回ログインして楽しむようになってしまいました。

当初の目的であった、mixi内の局メグ家のコミュニティ内の情報は、期待していたほどのことはありませんでしたが、それでも多くの同業者が、思い思いの方法で、趣味の郵便局めぐりに励んでいることが判り、これはそれなりの収穫であります。

そんなこんなで、mixi内で今日も‘つぶやく’ことで自らの情報発信をし、またコメントもいただいたりしながら、楽しいネットライフの一端を担っています。

※今でもマイミクは随時募集をしています。このブログをご覧の方で、マイミクに登録希望の方は、是非ご一報ください。

2012年5月17日 (木)

82.裏郵便局めぐり

‘裏郵便局めぐり’とは、何でしょうか?それは局メグ家の皆さんも知らない、私・稲生だけのもうひとつの楽しみのことです(謎)。

答えは、郵便局ではなく信用金庫を廻るもので、本業の‘郵便局めぐり’の活動時間帯である9:00-16:00をなるべく避けて実行しているものです。もう少しわかりやすく言えば、当座の資金調達のために信用金庫を利用しているのです。

たとえば、今回の和歌山2泊3日の局メグでは、3日間でおおよそ90局程度廻る訳ですが、そのためには、1局につき千円を貯金していくと9万円の現金が必要になります。その他、宿泊や食事にかかる費用もあり、その全てを財布に入れ持ち歩くことは、危険を伴いますので、財布には1日分の必要金額を入れておき、それ以外の金額は、信用金庫の口座に予め入れておきます。そして、現地の信用金庫で翌日の現金を引き出すことにしているのです。

‘しんきんネット’という名称のサービスにより、8:45~18:00までのATM利用の手数料が無料となっているのを利用して、郵便局の通帳から出金することで通帳をむやみに汚すことになることがない上、現地の信金名と支店名を‘手書きで’記入することにより、ちょっとした旅行貯金通帳(実際には、貯金ではなく出金)になるわけです。

そんなわけで、信金所在地を事前に調べるために、和歌山県の信用金庫を調べてみると、かなり合併が進んでしまっており「きのくに信金」と「新宮信金」の2金庫になっていました。

これにはビックリです。私の地元・静岡県も、合併によりだんだん少なくなってきたものの、東から三島・沼津・富士・富士宮・静清・しずおか・焼津・島田・掛川・磐田・遠州・浜松の計12の信用金庫がありますし、お隣りの愛知県も15金庫ありますので、この東海地方基準で行くと、ものすごく少ない感じがしてしまいました。

そうそう、この原稿を書いていて思い出しましたが、離島の信金はなるべく廻るようにしています。まあ、あまり設置されていないですけど・・・

※この原稿は、和歌山遠征の前日(5/14)に作成し、公開日指定機能により5/17に公開するものです。ですから、今頃は和歌山遠征の最終日を楽しく廻っているものと思ってください。

2012年2月27日 (月)

61.県別マップル

茨城県の‘県別マップル’を購入しました。来月に今年初めてのお泊り局メグに行くための準備として必要になったからです。

さて、‘郵便局めぐり’を実施していくための必須アイテムに地図があります。私・稲生の場合は、始めた当初から昭文社の‘県別マップル’を愛用しています。その理由は、郵便局を優先的に記載しているからです。

Photo_20200427230801 これまでに、完訪している13府県のうち富山県を除く12府県の‘県別マップル’を使用しました。その他には、西の大阪・兵庫・和歌山・岡山・香川・愛媛・広島、東の千葉・埼玉・群馬・新潟・福島を購入・使用しています。

さらに都市部を廻るために、より縮尺の大きい‘スーパーマップル’や‘街の達人’という名称の地図も購入し使用しています。これまでに‘スーパーマップル’は東海・北陸の2冊を、‘街の達人’は京阪神・横浜川崎・東京多摩・東京23区の4冊を購入・使用しています。

そのために東京都と富山県の‘県別マップル’は購入することなく、済ますことができました。昭文社の地図は1冊2,500円前後はしますので、易々と購入することはできませんが、時々衝動に駆られて買ってしまうこともあります。愛媛県などはその例でして、愛媛はしまなみ海道などの島部のみで、愛媛本土にはまだ上陸していませんが、楽しい‘局メグ’を夢見てついつい手が出てしまった1冊です。

紙ベースの地図の欠点として、データが古くなってしまうということがあります。お目当ての郵便局はそんなに変更がなくても、道路が新しく開通したり、行政区域が平成の大合併などで大きく変わってしまっていたりと、どうしても新しい地図に買い替えたくなることがあります。愛知県・長野県は2冊目を、静岡県は4冊目をすでに買い換えています。

こんなにたくさん投資してなんともったいないことかと、思われるかもれませんが、私の地図は幸せものです。郵便局をマークし局名を書き込むのはもちろん、平成の大合併前の市町村境界を書き込んだりと、どの地図も相当使い込んでいますので。

※写真は、2020年4月時点の攻略目標道県の地図。(20.4.27写真追加)

2012年1月10日 (火)

45.ホームページビルダー

最近の拙HPの更新の様子が、従来と違ってたどたどしいのを気が付かれていますでしょうか?

実は、昨年の暮れに、ホームページ作成ソフトをこれまでの‘マイクロソフト・フロントページ’から‘ホームページビルダー’に変更しまして、その使い勝手が不慣れなために、そうなっているのです。ちなみに‘フロントページ’は、拙HP開設の2002年から9年間使っていました。

なぜ、使い慣れたソフトから変更したのかということですが、2008年夏にPCをビスタに変更したのですが、ビスタに対応していない‘フロントページ’や‘フォトショップ’、‘筆まめ’の旧バージョンで使い続けていたのが原因で、PCの動きが大変遅く、色々と不都合が生じてしまい、製造元のNECと相談したところ、PCの再セットアップをすることを推奨されまして、NECのサポートセンターがリモートコントロールで実施してくれました。12/14のことです。

‘フロントページ’については、ビスタやセブン対応がなされていないとのことで、HP作成のためのフリーソフトを探してみたものの、私の実力に合うものが見当たらず、結局一番人気の‘ホームページビルダー’にすることにしました。

今回、メモリーの増設や‘筆まめ’の最新バージョン版の購入、そして‘ホームページビルダー’の購入などで、年末に結構の出費をしてしまいました。

画像のサイズ変更などを行う‘フォトショップ’もビスタ対応版ではなかったため、PCに付属でついているものにしたために、その操作が不慣れで、ここ2日でようやく動かし始めたところです。

あとは、スキャナーの件が残っていますが、こちらも手をつけて解決するまで、もうしばらくかかりそうです。

そんなわけで、昨年末時点での実績を地図上に落とした‘稲生の野望’の作成など、もうしばらくかかってしまいそうです。

より以前の記事一覧